駐在帯同を機に退職した15名の女性たちのそれぞれのキャリア〜非英語圏編〜

日本から世界各国に企業が進出し、さまざまな国に駐在員家族がいます。海外で生活するために必要な異文化適応をする際に、英語圏ではない場合さらに困難な状況が生まれています。英語圏ではない国で駐妻をすることになった方がどのような活動をされているのか、今英語圏に住まわれている方だけでなく、今後英語圏ではない国にいかれる方にとっても、必見の特集です。
ビザや配偶者の会社の関係などで、現地で就労することができない方にとって、現地との繋がりを改めて感じることのできる手段であるボランティア。無償だから、と手を抜くのではなくむしろ真剣にボランティア活動に取り組んだ方々のライフキャリアの事例を集めました。これから現地でボランティア活動を検討されている方必見の特集です。
(※5/13(金)現在、記事を公開している方のものをピックアップいたしました。)